ケネディクスが大幅続落、五輪開催地決定を目前にいったん利益確定の動き

 ケネディクス<4321.T>が大幅続落。東京への五輪招致とそれに伴う不動産市況の好転の期待感から同社をはじめ不動産関連株は直近で上昇していたが、7日(日本時間8日)の開催都市決定を目前に控えって、結果を見極めたいとしていったん利益を確定する動きが優勢となっている。不動産関連株には軟化するものが目立つが、特に同社やトーセイ<8923.T>、サンフロンティア不動産<8934.T>など中小型不動産関連株は、短期資金が中心だったとみらえることから、下げも急となっているようだ。

ケネディクスの株価は12時32分現在481円(▼29円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)