日本取引所が高い、日経平均入れ替えの発表接近観測も

 日本取引所グループ<8697.T>が高い。同社は、任天堂<7974.T>などともに日経平均株価の定期銘柄入れ替えの採用候補であり、この日は新規採用への期待感からの買いが入っているようだ。任天堂は下落しているほか、同じく採用候補の日東電工<6988.T>はしっかり。
 日経平均銘柄の定期入れ替えは、例年10月第1営業日に行われる。入れ替え銘柄の発表は、昨年は9月7日で今年もきょうを含む近日中との見方が多く、日経平均入れ替え発表を睨んだ売買も活発化している。除外候補の三菱製紙<3864.T>は軟調。

日本取引所の株価は12時44分現在9280円(△70円)
任天堂の株価は12時44分現在1万1980円(▼170円)
日東電の株価は12時44分現在5740円(△50円)
三菱紙の株価は12時44分現在86円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)