三井化は小動き、インドにバイオポリオール製造合弁会社を設立

 三井化学<4183.T>が小動き。5日に、同社と伊藤製油がインドのJayant Agro-Organics との共同出資によりバイタル・キャスター・ポリオール有限会社(インド グジャラート州)を設立することを発表した。非可食植物由来のひまし油を主原料としたバイオポリオールの製造を行い、8月29日付で合弁会社設立契約を締結。年間の生産能力は8000トンとなる。
 今回の合弁会社設立により、石油由来のポリオールと同等のコスト競争力のある製品供給が可能となることから、日本及びアジア6拠点の製造販売拠点を通じて、自動車用途での販売拡大を目指す。

三井化学の株価は12時49分現在266円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)