日東電工に買い先行、ITOフィルム世界トップでアップル関連最右翼

 日東電工<6988.T>が売り買い交錯も買いが先行している。NTTドコモが米アップルのiPhoneを発売する見通しとなったことで、iPhoneの販売増が見込まれており、アップル関連の一角に物色の矛先が向かっている。また、「米アップルは9月10日に新型iPhoneに関する発表イベントを開催する見込みで、これも相乗的に関連株の思惑材料となっている」(市場関係者)ようだ。その中、同社は米アップルへの納入実績が豊富なだけに注目度が高い。タッチパネル向けの重要部材で同社が世界トップシェアを持つITOフィルムの出荷が増勢一途にあるが、直近ではタブレット端末「アイパッドミニ」にフィルムベースのタッチパネルが搭載されたことを契機として、ITOフィルムの売上高が急増しているもよう。株価もこれを織り込みに行く動きとなっている。

日東電工の株価は12時59分現在5720円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)