ベネッセHDは軟調、SMBC日興証は投資判断を「2」に設定

 ベネッセホールディングス<9783.T>が軟調。SMBC日興証券は5日付リポートで投資判断を従来の「NR(ノーレーティング)」から「2」に設定。ただし、目標株価は4050円から3600円に引き下げた。
 リポートでは「14年3月期営業利益予想は345億円(前期比10%減)と会社計画(360億円)未達を予想。同社では『進研ゼミ』の会員数低迷を挽回するため、秋以降に来年度投入予定の次世代型商品を発表し、それをテコにした会員獲得を計画しているが、過去の会員数の期中増減傾向からみて会社計画はややハードルが高いとみる。同社株価の最大のカタリストは『進研ゼミ』会員数の回復であり、13年4月の会員数低迷をバネとしたサービス展開やマーケティング手法の改善に注目したい」としている。

ベネッセHDの株価は14時19分現在3515円(▼40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)