東洋紡が底堅い、岡三証が神経再生誘導チューブと偏光板用SRFの成長性を評価

 東洋紡<3101.T>が底堅い。5日付で岡三証券がレーティング「強気」、目標株価200円を据え置いた。岡三証では衣料繊維の損益が大きく改善していることから、今14年3月期の連結営業利益は前回予想の220億円を継続しており、中期的には神経再生誘導チューブと偏光板に使用されるSRF(プレーンTACフィルムの代替)が業績拡大をけん引するとみている。

東洋紡の株価は14時29分現在167円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)