東証マザーズ(大引け)=マザース指数は続落、ドリコムなどが値を崩す

 6日大引けの東証マザーズ指数は前日比14.13ポイント安の683.68ポイントと続落。
 ドリコムを筆頭にテクノマセカ、システクアイ、アンジェス、フォトクリなどが値を崩している、半面、モルフォ、N・フィールドがストップ高、ビリングシステム、ユーグレナなども値を飛ばしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)