アオキスーパーが今2月期の業績予想を減額修正 低価格販売などで収益悪化

 愛知県を地盤とする食品スーパーのアオキスーパー<9977.T>は6日、2014年2月期業績の減額修正を発表した。売上高に相当する営業収益は従来予想の962億1000万円を952億8000万円(前期比3.2%増)に見直したほか、経常利益は18億9000万円を6億6000万円(同58.1%減)、純利益は9億4000万円を3億2000万円(同59.3%減)に下方修正した。競合店対策として低価格販売を実施したことに加え、農産部門が天候不順による相場高もあり粗利益率が低下したことなどが収益の悪化要因となった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)