◆6日のNY株式市場の概況 ダウ平均株価は4日ぶり反落

 6日のNY株式市場で、ダウ工業株30種平均株価は波乱展開となったものの結局終値は、前日比14.98ドル安の1万4922.50ドルと4日ぶりの反落となった。ナスダック総合指数は同1.23ポイント高の3660.01ポイントと上昇して取引を終了した。11日ぶりに1万5000ドルを回復する場面もあった。
 8月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比16万9000人増と、市場の事前予想(18万人)に比べさえない内容だったものの、米連邦準備理事会(FRB)が今月資産買い入れ規模の縮小を開始するとの見方は後退していない。出来高概算はニューヨーク市場が6億7100万株となった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)