9日の株式相場見通し=東京五輪決定を受け買い先行

 9日の東京株式市場は、大幅反発となりそうだ。IOC(国際オリンピック委員会総会で、2020年夏季五輪の開催都市が東京に決まったことで、建設、不動産、スポーツ関連商品など関連銘柄が幅広く物色されることになりそうだ。
 前週末6日の米株式市場は、ダウ平均株価は4日ぶり反落となった。NYダウ平均株価は、前日比14.98ドル安の1万4922.50ドルと4日ぶりの反落となった。外国為替市場では、1ドル=100円水準での推移となっている。
 8月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比16万9000人増と、市場の事前予想(18万人)に比べさえない内容だったものの、米連邦準備理事会(FRB)が今月資産買い入れ規模の縮小を開始するとの見方は後退していない。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)