鉄建が年初来高値、東京五輪開催決まり鉄道インフラ再整備期待

 鉄建<1815.T>が急伸、株価は前週末比30円高の170円で寄り付き、一時176円まで買われ年初来高値を更新した。2020年夏季オリンピックの東京開催が決まったことで、首都圏鉄道インフラ再整備へ期待が高まっている。首都圏では宇都宮線、高崎線、常磐線を東京駅に乗り入れる東北縦貫線工事や押上~泉岳寺間を結ぶ都心直結線の新設構想も浮上しており、鉄道耐震化関連工事需要も増加するとみられている。

鉄建の株価は9時45分現在168円(△28円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)