KNTが上昇、五輪開催効果が追い風に

 KNT-CTホールディングス<9726.T>が一時8.7%高となる150円まで上値を伸ばした。2020年の東京オリンピック開催決定に伴い訪日外国人の増加が見込まれ、これが同社株にとって追い風となる。また、国内もアベノミクス効果により個人消費が回復傾向にあり、旅行関連需要の喚起が期待されている。同社は今年1月に近畿日本ツーリストとクラブツーリズムが経営統合して発足したが、この統合により財務面が大きく改善、買い安心感が台頭している。今12月期はのれん消却を考慮しても大幅増益が見込まれており、復配を視界に捉えていることも株高思惑につながっている。

KNTの株価は10時49分現在145円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)