Jパイルは上昇加速、年初来高値更新街道をまい進

 ジャパンパイル<5288.T>が上昇加速、次第に需給相場の様相を呈してきた。既に株価は年初来高値更新街道にあるが、買い人気が一段と熱気を帯びている。2020年の東京五輪開催決定は「国土強靭化」の政策推進につながり、同社が主力とするコンクリートパイルの売り上げ拡大に結びつくとの思惑が株価を後押ししている。会社側は今3月期営業利益見通しについて従来予想の21億円から31億円に6割以上の増額を発表しているが、これは下期かなり慎重な見方を織り込んだうえでの修正値で、マーケットでは一段の上方修正の可能性が高いとみられている。

Jパイルの株価は10時57分現在895円(△110円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)