電通が急反発、五輪特需による広告出稿増に期待

 電通<4324.T>が急反発。2020年夏季オリンピックの開催地に東京が決定したことで不動産、建設セクターなどが全面高となっているが、“五輪特需”は内需のインフラに限ったことではない。五輪開催に伴う広告出稿需要の高まりや関連イベント開催に期待した買いが同社の株高に反映されている。これに先立ち同社の8月の月次動向は前年同月比で17%弱の2ケタの伸びを示しており、アベノミクス効果による足もとの好調ぶりも評価されている形だ。

電通の株価は13時6分現在3475円(△215円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)