ファナックが反発、クレディスイス証券は「アウトパフォーム」目標株価2万円を継続

 ファナック<6954.T>が反発。クレディスイス証券では9日付で、投資判断「アウトパフォーム」、目標株価2万円を継続している。同証券では、「安川電機<6506.T>やナブテスコ<6268.T>、ハーモニック・ドライブ・システムズなどのチャネルチェックでは、同社ロボットの好調な受注環境が確認できている」と指摘。加えて、工作機械受注は若干遅れ気味ではあるものの、アマダ<6113.T>などを中心に着実に回復傾向にあり、さらに、サムスンがメタルボディのGALAXYを市場投入する機運が高まっているうえ、NTTドコモ<9437.T>がiphoneを販売する見通しなどのニュースが聞かれ始めたことから、「同社を取り巻く環境、特にロボドリルの周辺が騒がしくなってきたと考える」とコメントしている。

ファナックの株価は13時10分現在1万6480円(△400円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)