<東京五輪開催のマクロ効果> SMBC日興証は新規需要額2.3兆円、経済効果4.2兆円と試算

 SMBC日興証券では6日付で、東京五輪の開催のマクロ効果を試算。新規需要額を2.3兆円、経済効果4.2兆円としている。新規需要のうち注目すべきポイントとして、(1)建設投資、(2)選手村の売却、(3)家電買い替え需要、(4)五輪ライセンスグッズ販売、(5)観光・飲食、の5点を挙げている。GDP押し上げ効果は0.5%程度と予想、大企業への恩恵としては、経常利益で1986億円と推計している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)