アドアーズが3日ぶり反発、カジノ法案成立への期待で買い直す

 アドアーズ<4712.T>が3日ぶり反発。ここ急騰の反動から調整局面にあったが、「一部外資系通信社から、米国カジノ大手のラスベガス・サンズやMGMリゾーツが、東京が2020年の開催地に決定したことでカジノ法案成立の可能性が高まるとして、カジノ進出の場所を探していると伝わった。これがアミューズメント施設運営大手の同社の株価を刺激している」(市場関係者)という。同社は、Jトラスト傘下で同グループの非金融部門におけるコアカンパニーで14年3月期はJトラスト傘下のキーノートを完全子会社化したことで収益急拡大見通しにある。

アドアーズの株価は14時5分現在223円(△18円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)