川重が堅調、LNG船海外生産報道を好感

 川崎重工業<7012.T>が堅調。8日の日本経済新聞が同社が「18年をメドに中国の合弁造船所で液化天然ガス(LNG)運搬船を建造する」と報じたことが好感されている。LNG船は世界的な天然ガス需要の増加を受けて30年までに300隻の新規需要が見込まれ、受注総額は6兆円規模とされる。日本の造船会社が海外でLNG船を手がけるのは初めてだが、川重は中国生産でコストを2割程度下げて受注を増やすと伝えており、LNG船を軸にした造船事業の拡大に期待が高まった。

川重の株価は14時55分現在366円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)