パスポート、第2四半期予想を一転営業赤字へ修正

 インテリアや生活雑貨店の直営店を中心に販売を行うパスポート<7577.T>が9日大引け後に、14年2月期第2四半期業績予想を発表した。売上高は従来の64億円から63億3000万円(前年同期比4.0%減)へ、営業損益は7000万円の黒字から2000万円の赤字(前年同期は2億1100万円の黒字)へ、最終損益は300万円の黒字から7000万円の赤字(同8800万円の黒字)へ下方修正した。
 夏物セール商品の動きが鈍かったことに加えて、円安が加速したことによるコスト増で、利益面は一転して赤字転落となった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)