【買い】鹿島建設<1812>年初来高値を更新=フェアトレード平山修司

短期資金の流入期待が持てる
■注目銘柄
1812 鹿島建設

■注目理由
オリンピックの開催が8日早朝に決定し、9日の日経平均株価は前日比344.42円高となる14,205.23円まで上昇した。オリンピック関連銘柄として建設・不動産などが大きく値上がっている。リーマンショック以降、同社の株価は400円を超える場面がなかったが、今日は寄り付きから400円を超えた。残念ながら、9日の終値は前日比35円高(9.7%高)となる396円で引けたが、年初来高値も更新し、ブレイクアウトしたチャートとなっていることから、短期資金が流入しやすい環境と見ている。10日の株式市場も引き続き、底堅い推移となるだろう。