◎9日のNY株式市場の概況 ダウ平均株価は140ドルの大幅反発

 9日のNY株式市場で、ダウ工業株30種平均株価は大幅反発した。前週末比140.62ドル高の1万5063.12ドルと4日ぶりの反落となった。終値での1万5000ドル回復は8月23日以来約2週間ぶり。
 ナスダック総合指数は5営業日続伸。同46.17ポイント高の3706.18ポイントと上昇して取引を終了した。2000年9月28日以来の高値水準となった。
 中国8月の貿易統計で、輸出額が前年同月比で2カ月連続して増加。中国経済の持ち直し期待から買いが先行した。出来高概算はニューヨーク市場が6億4000万株、ナスダック市場は約16億3000万株となった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)