10日の株式相場見通し=朝高後伸び悩む展開、輸出関連の売りに警戒感

 10日の東京株式市場は、前日の大幅上昇の反動もあり、買い手控えムードのなか、日経平均株価は朝高後伸び悩むとになりそうだ。10日は、9日の〝東京五輪決定〟へのご祝儀相場に比べて、市場参加者の投資姿勢もやや冷静さを取り戻すことになりそうだ。
 9日の米国株式市場は、NYダウが前週末比140ドル高の1万5063ドルと大幅反発した。外国為替市場では、1ドル=99ドル70銭台での推移となっている。
 日程面では、8月のマネーストック、8月の工作機械受注、7月の第三次産業活動指数に注目。海外では、中国8月の鉱工業生産・小売売上高が焦点になる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)