太平洋セメが続急伸、5年ぶりの高値水準へ

 太平洋セメント<5233.T>が続急伸、新値街道を突き進んでいる。オリンピックの東京開催が決定したことで社会インフラの老朽化対策などへの思惑が加速、安倍政権が掲げる「国土強靭化」の本格始動で同社など建設資材関連にも収益面の追い風が強い。PERなど指標面では割高ながら、今期業績の増額修正期待もあり、株価は400円台を突破して07年10月以来、約5年ぶりの高値水準に買われている。

太平洋セメントの株価は10時20分現在425円(△35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)