ユナイテッド海が上昇加速、中国景況感改善受けて急騰力発揮

 NSユナイテッド海運<9110.T>が大幅高、マドを開けて買われ上昇加速の様相となっている。同社は郵船系の海運中堅で、旧新和海運と日鉄海運が合併し誕生、現在は新日鉄住金が33%強の株式を保有する筆頭株主だ。足もとの経済指標から中国の景況感に改善傾向がみられるなかで、同社が主力としているばら積み船の運賃市況回復への期待が高まっている。業績も急回復、前期実施した不採算船の解約が今期の利益に寄与するほか折からの円安も考慮して、通期連結業績見通しは従来予想の最終利益35億円見通しから60億円見通しに大幅増額している。今3月期は3期ぶりの復配の公算が大きく、ここにきて持ち前の急騰力が発揮されてきた。

ユナイテッド海の株価は10時31分現在223円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)