<話題の焦点>=半沢直樹になれないあなたに贈る、転職支援銘柄

 TBS系で放送されているドラマ「半沢直樹」が、驚異的な視聴率で大ブームを巻き起こしている。大手銀行員の半沢が、不正にまみれた悪賢い上司や融資先と徹底的に戦い、そして勝つという痛快無比のストーリーだ。そして決め台詞の「やられたらやりかえす、倍返しだ!」は今年の流行語大賞の呼び声も高い。

 ドラマに登場する銀行では、上司に楯を突いたりしくじると直ぐに〝出向〟となる。実際のところはどうなのだろうか。

 「ドラマほどではないけれど、確かに銀行では出向は別に珍しくもない。ただ、あのドラマはバンカーの目で見ると、不自然なことが多いのも事実。まあ、ドラマだと思って見ています。出向も悪いことばかりではないですし、銀行にいたときよりも今の方がやりがいがある」と、元銀行員で7年ほど前にある中堅企業に出向になったA氏。彼は、いまやその企業のトップだ。

 どちらにしても、あくまでもドラマであり、あれだけ上司に楯突けば、冷や飯を食うことになるか、辞めざるをえないことになるのは間違いはなさそうだ。権力に屈するのは悲しいことだが、社内でじっと我慢し日陰の身でサラリーマン人生を過ごすのならば、新天地を求め転職という選択肢もある。

 そこで、半沢直樹になれないあなたに、紹介するのが就職支援銘柄。求人情報と言えばエン・ジャパン<4849.T>を筆頭に、成功報酬型のリブセンス<6054.T>、アルバイト紹介以外に転職支援事業も展開するアルバイトタイムス<2341.T>などがある。

 ここ、政府は「雇用改革」を進めており、人材が流動化するという切り口からも、就職支援銘柄に注目してみたい。

◆再就職支援・求人情報関連

アルバイトT<2341.T>  情報誌「DOMO」を発行
ディップ<2379.T>    転職情報「ジョブエンジン」
クイック<4318.T>    転職支援事業など
ピーエイ<4766.T>    求人地域別情報誌
エン・ジャパン<4849.T> 求人情報サイト大手
リブセンス<6054.T>   求人情報サイト運営

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)