航空各社が軒並み買われる、羽田や成田の発着枠拡大報道で期待高まる

 日本航空<9201.T>、ANAホールディングス<9202.T>、スカイマーク<9204.T>の航空各社が軒並み買われている。2020年の東京五輪開催決定を受けて、政府が羽田や成田の発着枠拡大を検討していることが報じられていることから、航空各社にビジネスチャンス拡大が期待されている。今後、海外から東京への観光客が拡大してくれば、羽田空港に関しては、国内線の一部を国際線に振り替えるなどの対策が急務になる。政府が抜本的な対策に動けば、これを追い風に各社も新路線の導入など攻勢が予想される。

JALの株価は13時37分現在5520円(△170円)
ANAの株価は13時37分現在219円(△7円)
スカイマークの株価は13時37分現在367円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)