新日鉄住金が新値街道、長期波動でも底値離脱が鮮明

 新日鉄住金<5401.T>が8日続伸。ここ値動きが軽く新値街道を走る展開。同社の14年3月期は住金との合併分がフル寄与するほか、販売価格の上昇効果などが見込まれ業績は回復色を強める見通し。2020年の東京五輪開催に向けて首都圏インフラの再整備が行われれば、建設資材として鉄鋼需要の増加も見込まれる。時価は2011年2月以来の水準で長期波動でも底値離脱が鮮明となっている。

新日鉄住金の株価は14時24分現在335円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)