サトウ食品の第1四半期は最終損失2億6500万円に拡大

 サトウ食品<2923.T>は10日取引終了後に、14年4月期第1四半期決算を発表。売上高は36億7100万円(前年同期比1.1%減)、営業損失は4億6300万円(前年同期は3億5600万円の赤字)、最終損失は2億6500万円(同2億1200万円の赤字)となり赤字幅が拡大した。
 包装餅では、消費者ニーズに対応した新商品開発や、年末の最需要期に向けた販売促進企画などに取り組んだものの、原材料価格の上昇や、減価償却費の増加による製造コストの上昇、販売促進費などの影響が大きく、損益面では赤字幅が拡大した。
 なお、通期業績について、売上高は282億円(前期比5.4%増)、営業利益は10億円(同2.6倍)、最終利益は6億1000万円(同3.4倍)を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)