ナノキャリアの14年3月期の赤字幅縮小へ

 ナノキャリア<4571.T>は10日、14年3月期通期業績予想(単独)の修正を発表した。売上高は従来予想の2億9700万円から4億1600万円に増額したほか、営業損益は12億3800万円の赤字から11億7400万円の赤字に、最終損益は12億6200万円の赤字から11億9800万円の赤字にそれぞれ損失幅が縮小する見通し。シスプラチン誘導体ミセルの第Ⅲ相臨床試験開始で使用する治験薬の同社に対する供給売上高が当初の予想を上回る見込みとなったことに加え、アルビオン社とミセル化ナノ粒子と新たな化粧品素材を使用した化粧品の商業化に関する共同開発で、10月に新生「エクラフチュール」を同社から発売する際に「エクラフチュール」用原料の同社に対する供給売上高が当初想定を上回る見込みとなったことが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)