外為:一時、100円10銭台に円安進む

 10日の東京外国為替市場では、円相場が午後4時40分過ぎに一時、1ドル=100円17銭をつけた。ロシアはシリアに対して化学兵器を国際管理下に置くことを要請しており、米国がこの提案を「前向きな動き」と評価したことから、シリア情勢の緊張緩和に対する期待が出ている。午後5時40分時点では1ドル=100円02~03銭と前日午後5時時点に比べ46銭の円安・ドル高で推移している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)