新潟コシヒカリ、9%下げ・・・牛丼業界にメリット

ニュースを半歩先読み術
全農新潟は2013年産コシヒカリを12年度産より9.4%引き下げるとのことです。2年連続の値上げで需要が減少したこと、今年豊作が期待されることから決めたようです。円安で輸入小麦価格上昇で価格上昇のパンより、安くなった米食に需要が移りそうです。米食中心の外食産業にとっては、大きな追い風です。その中でも、過当競争で価格が安く、コストの中で相対的にコメの比率の高そうな、牛丼業界が最も大きなメリットを受けそうです。

(9861) 吉野家ホールディングス (東証1部) 1,147 -3
(7550) ゼンショーホールディングス (東証1部) 1,162 +13
(9887) 松屋フーズ (東証1部) 1,545 -1

今日も皆様に相場の福が授かりますように!!

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。