エスペックが反落、第2四半期予想の下方修正を嫌気

 エスペック<6859.T>が反落。10日大引け後に今14年3月期の第2四半期(4~9月)予想を連結売上高で当初計画の145億円から140億円(前年同期実績142億9000万円)、営業利益で9億円から5億円(同8億5000万円)へ下方修正したことが嫌気されている。主要顧客である自動車関連メーカーでは、積極的な設備投資が継続しているが、中国の景気後退の影響により、中国関係会社の業績が低迷している。

エスペックの株価は10時21分現在748円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)