サムコが急落、前7月期は経常利益75%増益で配当引き上げも材料出尽くし感

 サムコ<6387.T>が急落、株価は前日比114円安の786円まで売り込まれた。10日取引終了後に発表した前13年7月期決算の経常利益は前の期比75.3%増の5億6400万円の大幅増益になり、期末配当を前回の15円に東証2部上場記念配当3円を上乗せ18円に引き上げたが、材料出尽くし感から売りがかさんだ。前期はLED向け大型機のほか、太陽電池やレーザー向け各種絶縁膜などが販売を伸ばし、為替差益を計上したことで大幅増益を達成した。
 今14年7月期の売上高は前期比20.2%増の50億5000万円、経常利益は同9.0%増の6億1500万円を計画している。

サムコの株価は10時58分現在805円(▼95円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)