ユナイテッド海の上値追い継続、バルチック指数上昇が追い風

 NSユナイテッド海運<9110.T>が上昇、きょうは業種別騰落率で海運株がマイナス圏にあるなか堅調な動きで目を引く。同社は2010年10月に旧新和海運と日鉄海運が合併し誕生したが、鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船を主力としており最近のばら積み船市況の上昇が追い風となっている。中国の景況感に改善傾向がみられるなかでバルチック海運指数は、10日に前日比63ポイントの上昇で1541と1500台を回復、約1年8カ月ぶりの水準に回復しておりこれが株高を支えている。今期業績も高変化が光っており、前期実施した不採算船の解約による利益貢献に加えて、円高修正の恩恵もあり、通期連結業績見通しは従来予想の最終利益35億円見通しから60億円見通しに7割強の増額となっていることも買い人気の背景にある。

ユナイテッド海の株価は11時30分現在223円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)