ホトニクスが4日続伸、除染作業向け小型・高感度のガンマ線撮像用カメラ製品化を発表

 浜松ホトニクス<6965.T>が4日続伸。この日は、同社が早稲田大学などと科学技術振興機構の先端計測分析技術・機器開発プログラムの一環として進めてきた、高感度で実用的な角度分解能を併せ持ち、容易に携帯可能なガンマ線撮像用「コンプトンカメラ」の実用化に成功したと、10日に発表したことを好感した買いが入っている。放射性物質の除染作業効率化に効果があるとして期待されており、当面、福島県の除染が必要な自治体に限定してモニター用として、11月15日からモニター用として貸し出しを開始。14年2月から販売を開始するとしている。

ホトニクスの株価は12時38分現在3590円(△135円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)