幼児活動研は大幅高、五輪開催決定で子供向けスポーツクラブに期待

 幼児活動研究会<2152.T>が大幅高。2020年の東京五輪決定で、7年後の開催までに人材の発掘、育成が課題になっている。そんな中で、同社はサッカークラブや新体操など子供向けの指導を行っていることから注目が集まっているようだ。
 同社によれば、「過去に指導した子供の中から何人かプロサッカー選手を輩出している。2002年の日韓ワールドカップの時も、子供達のスポーツに対する関心が高まった。2020年の東京五輪でも、スポーツに対する関心が高まることが予想される」(経営企画室)としている。また、6月時点ではサッカースクールで7000人、新体操が2400人の生徒を抱えているが、五輪開催で今後スポーツを始めたいと思う子供が増えることが期待される。

幼児活動研の株価は13時38分現在3590円(△210円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)