星和電機が一時S高、五輪効果で道路表示装置の受注拡大に期待

 星和電機<6748.T>が4連騰、一時前日比80円高の364円とストップ高まで買い進まれた。プラント向け防爆照明で業界トップを誇り、道路表示装置で豊富な実績を誇ることから、2020年の東京五輪開催へ向けて道路整備が進めば、LED信号機やトンネル照明機器など同社製品への受注も拡大することが期待される。東証と大証の統合後も200円台で軟調な株価推移となっていたが、建設に絡む幅広い銘柄が物色されるなかで同社株への注目度も高まっている。

星和電機の株価は14時30分現在330円(△46円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)