ダイキンが節電モード搭載の暖房機を発売へ

 ダイキン工業<6367.T>は、11日、暖かさを保ちながら電力消費を抑える「トリプル節電モード」を新たに搭載した遠赤外線暖房機「セラムヒート」を14日から発売すると発表した。セラムヒートは、1985年から発売を開始し、昨年末には累計販売160万台を達成している。新商品は、局所暖房として足元の暖房範囲を拡大する暖房性能向上のほかに、昨今の節電ニーズの高まりに対応し、本機周辺の空気温度を検知するセンサーと運転制御するマイコンを搭載したことにより3つの節電モードを新たに加えている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)