◆11日の米株式市場の概況 NYダウ3日続伸、シリア懸念緩和を好感

 11日の米株式市場はNYダウが3日続伸し、前日比135.54ドル高の1万5326.60ドルとなり、一方、ナスダック総合指数は同4.01ポイント安の3725.01と7日ぶりに反落して取引を終了した。内戦が続くシリアへの対応を巡り、米オバマ大統領が国連安全保障理事会での外交的な手段を優先する考えを示したことから、軍事介入が当面回避されるとの見方が強まり、投資家心理の改善につながった。一方、ナスダック指数は、指数への寄与度の高いアップルが大幅に下落したことが響き反落した。出来高概算はニューヨーク市場が6億5685万株、ナスダック市場が16億6617万株だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)