日産自が高寄り後マイナスに転じる、独ダイムラーと商用車で提携拡大も上値重い

 日産自動車<7201.T>が高寄り後マイナスに転じた。11日に発表した「ルノー・日産アライアンスとダイムラーとの提携事業内容」のなかでダイムラーと商用車の提携を拡大する意向を表明したことが材料視され、反発でスタートしたが、買い一巡後は上値の重い展開が続いている。商用車の提携についてはダイムラー・トラック・アジア部門である三菱ふそうトラック・バスが日産から商用バン「NV350アーバン」の供給を受け、海外市場向けに発売する予定。日産と三菱ふそうは13年から小型トラックを相互に供給しており、日産、三菱ふそうの小型トラック取扱台数は国内で約1300台に達している。

日産自動車の株価は10時59分現在998円(▼10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)