大豊建設が大幅高で連日の高値、五輪開催に向け浸水対策受注拡大との見方

 大豊建設<1822.T>が連日で年初来高値を更新、午後1時45分現在東証1部値上がり率2位になっている。独自のアンカーケーソン工法による雨水貯留槽やポンプ場の建設などに高い実績を持ち、2020年東京オリンピック開催に向けた都内の浸水対策で、受注が拡大するとの見方が買い気を盛り上げたようだ。今3月期は最終黒字転換を見込むなど、足もとの業績が急回復していることも買い安心感を誘っている。

大豊建の株価は13時45分現在264円(△48円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)