日金銭が底堅い、カジノ法案を先取る買い

 日本金銭機械<6418.T>が底堅い。超党派の国会議員で作るカジノ議連(国際観光産業振興議員連盟)は10月に召集が予定される秋の臨時国会にカジノ解禁に向けた法案を提出する可能性が高まっている。仮に提出されれば安倍首相がカジノ議連の最高顧問の一人を務めるなど前向きなことから、国会を通過することが濃厚で、それに関連する銘柄に改めて人気が高まりそうだ。同社は貨幣処理機大手で欧米でもカジノ向けに高実績を擁しており、カジノ関連の本命格として上値期待が大きい。

金銭機械の株価は13時48分現在1715円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)