ダイフクが続伸し年初来高値、設備投資回復期待で買い膨らむ

 ダイフク<6383.T>が続伸。株価は一時、前日比35円高の1072円まで買われ年初来高値を更新した。同社は保管・搬送システムや立体自動倉庫など手掛け、設備投資関連株としても知られている。この日発表された7月の機械受注統計は設備投資の先行指標である「船舶電力を除く民需」が前月比0.0%減と横ばいだったが回復基調にあるほか、今後、設備投資減税の実施なども見込まれ、設備投資回復への期待感が強まっている。株価は1000円乗せから一段の上昇基調を強めており、同社株への見直し機運が強まっている。

ダイフクの株価は14時42分現在1055円(△18円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)