イチケンが14年3月期利益予想を修正、最終利益5億円に

 イチケン<1847.T>は12日、今9月中間期の業績予想修正と合わせ、今14年3月期通期の業績予想(単独)の修正を発表した。今3月期売上高は従来予想の600億円から変更はないが、営業利益は10億円から8億5000万円に、最終利益は6億円から5億円に減額した。同社の関西支店での不適切な会計処理が行われたことが判明したが、原因究明のための調査費用および追加監査費用などの諸費用が発生することが要因。なお、売上高については概ね当初想定通りに推移しており、配当(期末配当5円)についても変更はない。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)