石井表記が14年1月期業績を減額修正、電子機器部品製造装置などが不振

 石井表記<6336.T>は12日、2014年1月期の連結業績の減額修正を発表した。売上高は従来予想の103億8000万円を71億8900万円(前期比7.7%減)に見直したほか、純利益は8億6400万円を8400万円(同89.7%減)に減額した。電子機器部品製造装置では、今期計画していた新規分野への参入が遅れているほか、プリント基板製造装置も伸び悩んでいる。ディスプレイや電子部品では、パチスロ関連の売り上げが予想を下回る見通し。
 同日発表された14年1月期第2四半期(13年2~7月)の売上高は前年同期比16.6%減の33億2000万円、純利益は同89.1%減の3300万円だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)