オービスは通期業績予想を下方修正し無配に、株主優待制度の廃止も発表

 オービス<7827.T>が12日取引終了後に発表した今13年10月の第3四半期(11~7月)の連結売上高は前年同期比11.8%増の81億3900万円と2ケタ超の増収ながら経常損失1400万円と赤字に陥った。原料コストの上昇と受注落ち込みに合わせた生産調整を行ったことで製造コストが上昇しており、通期業績予想を下方修正、売上高は前期比3.2%減の109億9800万円、経常損失8700万円を見込む。また10円としていた期末一括配当は無配とした。併せて太陽光発電システムの施工割引とカラオケハウスとゴルフ場の割引券を贈呈していた株主優待制度の廃止も発表した。