13日の株式相場見通し=3連休前に利益確定売り、NYダウ4日ぶり反落に警戒感

 13日の東京株式市場は、3連休を前に利益確定売りが先行する展開で、日経平均株価は続落となりそうだ。12日の米国株式市場は、NYダウ平均株価が、前日比25ドル安の1万5300ドルと4日ぶりに反落した。外国為替市場では、1ドル=99円台半ばでの推移となっている。
 東京五輪関連銘柄の物色は、周辺銘柄へと幅を広げて継続しているものの、大型株への買いエネルギーは、週初に比べ減少傾向にあることは否定できない。また、13日は、株価指数先物・オプション9月物のSQ(特別清算指数)算出日の当たっており、波乱展開の要素もある。
 日程面では、建築資材のインターネット通信販売を手掛けるサンワカンパニー<3187.T>が東証マザーズ市場に新規上場する。このほか、9月の月例経済報告、7月の鉱工業生産指数(確報)、関西経済人・エコノミスト会議に注目したい。海外では、米8月の卸売物価指数、米8月の小売売上高、EU非公式財務相理事会(~14日)が焦点となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)