JALが連日の高値、北海道エアシステム再子会社化報道を材料視

 日本航空<9201.T>が連日で年初来高値を更新した。13日の日本経済新聞が「約14%の株式を持つ地域航空会社、北海道エアシステム(HAC)を再子会社化する方向で最終調整に入った」と報じたことが材料視されている。出資比率を51%まで増やす方針で、現在HACの筆頭株主である北海道庁と協議したうえで最終決定。JALは業績回復を背景に11年に株式の大半を売却したHACの親会社として再建を主導することにしたと伝えており、今後のグループ事業の拡大に期待が高まっている。

JALの株価は9時31分現在5700円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)