日ヒュームが上昇基調強める、パイル・ヒューム管需要増勢

 日本ヒューム<5262.T>が上昇基調を強めている。アベノミクスの一環である「国土強靭化」のテーマが追い風となっているほか、五輪関連特需も同社の手掛けるコンクリートパイルの販売増加期待につながっている。足もとの業績は絶好調、13年4~6月期は建築向けのパイルや下水道・貯水施設向けヒューム管が想定以上に伸びており、営業利益は前年同期比2.7倍の急変化をみせた。今後は、「ゲリラ豪雨対策の雨水貯留施設増設が課題でヒューム管需要が高まる方向」(証券系調査機関)という指摘もあり、収益拡大が株高を牽引しそうだ。

日ヒュームの株価は11時30分現在733円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)