住石HDが急反落、信用規制強化で上値重い

 住石ホールディングス<1514.T>が急反落。一時、前日比10円安の152円まで値を下げた。東証は同社株5日売買分から信用取引の委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)に引き上げるなど信用取引の規制強化で、株価調整色を強めていたが、前日は急速な調整に伴う値頃感からリバウンドしていた。しかし、上値は重く見切り売りを誘っている。豪州産の発電用石炭のスポット価格が1トン=78ドル前後と約3年半ぶりの安値圏にあると、13日付の日本経済新聞が報じたことも嫌気されたようだ。

住石HDの株価は14時2分現在154円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)